イオンが下げ渋る、2月営業収益4.4%増を評価

 イオン<8267.T>が下げ渋る動き。同社は25日、大引け後に2月度の連結営業概況を発表、営業収益で5340億円(前年同期比4.4%増)となったことが評価される。節分やバレンタイン、卒業・新生活などの社会行事関連商品や春物商材の販売を強化。加えて、電子マネー「WAON」やイオンカードを活用したグループ一斉の販促企画に注力している。消費税増税前のまとめ買い需要を受けて家電や日用品などが売り上げを伸ばしている。

イオンの株価は10時38分現在1118円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)