アークランドが反発、連続増収増益見通しを好感

 アークランドサカモト<9842.T>が反発、一時前日比72円高の1754円まで買われている。同社は25日大引け後、前14年2月期通期業績を発表。連結売上高992億4400万円(前々期比2.2%増)、営業利益87億5800万円(同6.5%増)と増収増益を達成したことが好感されている。ホームセンター部門の既存店は不振ながら販路の拡大で卸売事業が好調に推移、外食事業でも、主力のとんかつ専門店「かつや」が貢献している。続く今期は売上高1020億円(前期比2.8%増)、営業利益92億5000万円(同5.6%増)を見込む。「かつや」の店舗数は昨年12月末に直営店103店、FC店144店を達成、今期も直営とFC合わせて50店の新規出店を計画しており、さらなる収益貢献が期待されている。

アークランドの株価は10時54分現在1755円(△73円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)