トヨタが続伸、燃料電池車発売報道を好感

 トヨタ自動車<7203.T>が続伸。26日の日本経済新聞が「15年中に燃料電池車(FCV)を発売する」と報じたことが好感されている。当面の価格は1000万円を切る水準とみられ、20年代には500万円以下を目指す。FCVは現在リース方式だけだが、15年からは個人や企業などが所有し、普及が急速に進みそうだと伝えている。ホンダ<7267.T>もFCVを年間1000台規模で生産し、日米欧で販売するとしているが、一方で英工場の一部休止も報じており、これを嫌気するかたちで売られている。

トヨタの株価は11時6分現在5632円(△72円)
ホンダの株価は11時6分現在3503円(▼17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)