アイレップが一時ストップ高、YouTube動画の上位表示を実現するサービス開始

 アイレップ<2132.T>が一時ストップ高。同社は25日に、YouTube動画の上位表示を実現する「YouTube動画最適化サービス」の提供を開始したと発表。同社株は2月下旬から下落基調が続いていたとあって、これが買いを誘うきっかけとなっているようだ。
 動画共有サービス「YouTube」は気軽にオリジナルの動画を検索、再生、共有できるサービスとして急成長しており、企業のマーケティング活動における期待も高まっている。これまでは企業が制作した動画が検索されやすい環境を構築するには難しい面があったが、このサービスを活用することで検索結果の上位表示が実現でき、動画再生回数を伸ばすことでマーケティング活動の成果が期待できるという。

アイレップの株価は11時15分現在515円(△53円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)