やるなら押し目買いから

ドル円・ポンド円・オセアニア円は買い ユーロドル・ユーロ円は戻り売りで参入する
昨日はユーロに関する要人発言でユーロドルが上へ下へと振らされた海外時間でした。

まず午後6時のIFO。予想111.0が110.7と出て瞬間的に下がりますが、すぐに戻り1.3848高値をタッチ。
6時28分、ワイトマン独連銀総裁の「ユーロ高によるインフレ見通しへの影響を抑えるにはマイナス金利が他のツールより適切な模様」との発言で1.3805レベルへ反落。その後も1.3820まで戻れなくなって3時間半近く1.3805-18レベルで推移。

マクチ・スロバキア中銀総裁が「ECBは追加の非標準的措置を用意」「年末までにユーロ相場が弱含む可能性を認識」と発言し午後11時には1.3777まで下落。11時発表だった2月の米新築住宅販売件数が予想比悪くドル売りとなってユーロドルは買い戻しが入って1.3804まで戻すも1.38台の戻り売りが強く再び下落。
午前1:17にドラギ総裁が「物価安定維持へ追加の金融政策講じる用意がある」と発言して1.3749まで急落しましたが、その後「デフレの証拠は見られない」「ユーロ高は信頼回復のあらわれ」と流れてショートカバーで、1.3847まで吹き上がるなど激しい乱高下でインターバンクも連日怪我人続出でしょう。

ユーロ円もユーロドルの動きに合わせて午後6時過ぎの141.49レベルから141.09まで午後7時に下がったあと午後10時前には141.53まで戻しましたが、マクチ総裁発言で下落開始。
ドラギ総裁の発言もあって140.70安値まで下落。
ただしその後のショートカバーで、141.54まで吹き上がっています。

ドル円は午後5時過ぎに102.10タッチの後、戻り売りで102.15-20で売りが入りましたが、102.15が固くなり、102.25で売っても102.20が固くなるなど、下値の切り上がりが鮮明で102.35越えでストップが出始めて102.49までNY時間に跳ねました。ただし102.50は届かず。
当然102.50に大きな売りが入っていたと考えられます。

その後はユーロ円の売りと合わせて下攻めとなって102.20タッチまで下がりましたが、ユーロが1.3749まで下げたタイミングで102.36レベルまで戻したのが高値。
その後は引けまで102.22-32レベルで揉み合いを続けてクローズしています。

この動きでは102円ミドル越えでも重たそうですが、一方下値も102.10以下、102.00、101.95-80と期末までに買わなくてはいけない時限性のある買いオーダーでも入っているんじゃないかと想像できるほどビッドが固いです。

ロックハート総裁の発言(QE終了後6カ月後に利上げ)やプロッサー総裁の発言(QEは10月または11月に終了、停止されるまで利上げに言及できないが個人的見解はFF金利は2015年末で3%、2016年末で4%に引き上げることを目指すべき)がドルを底固くしていると考えます。

今日のアジアは特に方向感に乏しく102円台前半で揉み合いとしかイメージできません。
102.00-102.60ぐらいでしょうか?102.10割れをもう少し攻めると昨日の夕方思って102.119を売ってナンピンをかけてからくも微損で逃げたのが大正解でした。あの動きだとビッドは全く引かない感じだったので、やるなら押し目買いからでしょうか?
3月26日短期売買方針
ドル円 買い
ドル円は102.200近辺、102.180、102.080で買いから。
ストップは101.850に置きながら、102.550、102.650で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ 101.950(102.150)–(102.550)102.650 
作成時 102.380-384 9:34AM

ユーロドル 売り
確かにユーロドルは底固いのですが、一連の要人発言はやはりユーロ高を懸念している証でもあり、突然出てくるトークダウンコメントは欧州時間は恐怖です。
更に1.38450から1.38600ではロングの解き売りも出てくると考えます。1.38450で売り先行で参入し利食いを1.37700、損切りを1.38750でイメージしたいです。
レンジ 1.37500(1.37700)–(1.38450)1.38650 
作成時 1.38207-214 9:50AM

ユーロ円 売り
ユーロ円は引き付けて141.650、141.750で売りから参入する方針。
ストップは141.900に置きながら、140.900、140.800で買い戻すような回転をイメージしました。
レンジ 140.800(140.900)–(141.650)141.800 
作成時 141.377-386 10:29AM

ポンド 買い
ポンド円は168.900、168.750で押し目買いから。
ストップは168.550に置きつつ、169.400、169.500で利食いする回転を考えたいです。
レンジ 168.650(168.850)–(169.400)169.600 
作成時 169.227-241 10:42AM

対ドルは1.65150、1.65050で買いから。
ストップは1.64800に置きながら、1.65700、1.65850で利食いするような回転をイメージしています。
目先はユーロポンドの売りが入り、ポンドが上昇しやすそうです。
レンジ 1.64900(1.65100)–(1.65700)1.65850 
作成時 1.65369-382 10:33AM

豪ドル 買い
豪ドル円は93.530、83.430で買いから。
ストップは93.200に置きながら、94.050、94.200で利食いするような回転をイメージしています。
レンジ  93.300(93.450)–(94.050)94.200 
作成時 93.729-741 10:47AM

対ドルは0.91450、0.91300で押し目買い。
ストップは0.91100に置きながら、0.92000、0.92250で利食いする ような回転をイメージしています。
レンジ 0.91200(0.91450)–0.92000(0.92250) 
作成時 0.91590-603 10:34AM