パナソニックは高寄り後反落、無電化地域向け太陽光独立電源パッケージを開発

 パナソニック<6752.T>は高寄り後反落している。25日に新興国を中心にした無電化地域向け太陽光独立電源パッケージ「パワーサプライコンテナ」を開発したと発表したが反応は限定的、買い一巡後は戻り売りに押されている。「パワーサプライコンテナ」は太陽電池と鉛蓄電池に加え、新開発のエネルギーマネジメントシステム「パワーサプライコントロールユニット」を搭載。約3キロワットの発電に加え、蓄電池からも安定して電力を供給する。電源システムは在インドネシア日本国大使館のODAを活用した官民連携案件で採用が決まっており、離島地域の教育環境改善を目的に、カリムンジャワ国立第一小学校へ納入される。

パナソニックの株価は14時21分現在1187円(▼15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)