よみランドが屋内遊戯施設の新設計画を発表、総投資額約100億円を予定

 よみうりランド<9671.T>がこの日の取引終了後、よみうりランド遊園地内に屋内遊戯施設を新設する計画を発表した。同遊園地では、これまで屋外型の遊戯機を中心としていたが、新たな魅力と顧客の創出を図るとともに、天候に影響を受けない楽しめる場を提供すること目的に、屋内型の遊戯施設を新設するという。新設されるのは、屋内型カーライド、屋内型ラフトライド、屋内型コースター、屋内型アスレチックの4施設で、延べ床面積は約7000平方メートルの予定。総投資額は約100億円を見込んでおり、10月に工事に着工し、16年3月の竣工、開業を目指している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)