東京エレデバが株式売り出しと自己株取得を発表、東エレクは親会社外れる

  東京エレクトロンデバイス<2760.T>は26日、株式売り出しと自己株取得の実施を発表した。親会社である東京エレクトロン<8035.T>が保有株式212万株を売り出す。上限22万2600株のオーバーアロットメントによる売り出しも実施する。東京エレクトロンの議決権比率は現在の55.42%から37.68%となり親会社の地位を外れ、その他関係会社となる。売り出し価格は4月7~10日のいずれかの日に決定する。
 また、同社は自社株取得枠の設定を発表。63万6000株(発行済み株式数の6.0%)、10億7000万円を上限としており、取得期間は4月1日から2日。自社株の取得状況に応じて株式売り出しの株数は減少する可能性がある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)