今夜はレンジブレイクに期待!

個人投資家予想レンジ(ドル円)
102.09円(前日安値)~102.50円(心理的節目)
現在のレートは102.42円です。(21:51)

値動きが落ち着いたせいで、予想レンジも縮小してきました。
毎日同じ景色ですので、そろそろ変化が欲しいところですね。
<今夜の注目経済指標>
21時30分発表
「米・耐久財受注/(除輸送用機器)」注目度★★★★
前回:-1.0%/1.1% 予想:0.8%/0.3% 前回10分間の変動幅 -8pips 
個人投資家の予想は
72%が買い(円安)
28%が売り(円高)という結果になっています。

前回はマイナス予想がプラスとなり、さらにアメリカの指標では上げやすくなっている状況でしたが、今回はどうなるでしょうか。
良い結果となったとしても、結局はレンジ上限102.60-65円で頭を押さえられそうです。
結果は、前月比が2.2% 除輸送用機器が0.2%と良い結果となりましたが、反応は限定的でした。
<今夜はどうなる!>そろそろレンジブレイクに期待したい
この5日間は102.00~102.60円の60銭のレンジで推移しています。
イエレンFRB議長のドッキリサプライズ「テーパリング終了から6ヶ月で利上げ」移行また動きがなくなり、本日の値幅に至ってはついに20銭まで落ちてしまいました。
そろそろエネルギー充電ということで、動き出して欲しいところですが、材料がないというところも積極的に売買されていないところでしょう。

ドル円は膠着状態ですが、クロス円は上昇しています。
ユーロドルこそ上昇していないのですが、93円をブレイクした豪ドル円が94円台まで値を伸ばしています。
欧州株価もドイツDAXが1.4%、フランスCAC401.13%と好調です。
日経平均先物も14,455円と好調!
このままスルスルと上昇していくと、買えていない人が乗り遅れまいと飛びついてくるため、ふと気がつけば急騰しているといったことが起こり得ます。

今夜はレンジブレイクに期待し、明日の朝には3月12日以来の103円台を見みたいところです!