東京株式(寄り付き)=米株安などを受けて反落、配当落ち104円程度影響

 27日の東京株式市場は売り優勢でスタート、寄り付きの日経平均株価は前日比171円安の1万4305円と反落。前日の海外市場では欧州株が軒並み高だったものの、米国株市場はその流れを引き継げずNYダウは98ドル安と反落。また、景気先行きに対する警戒感を底流にハイテク株が売られ、ナスダック指数は60ポイント安と下げがきつくなっている。東京市場もこれを受けて主力株中心に売りが優勢となっている。外国為替市場では1ドル=102円台攻防と円高含みで推移していることも買い手控え材料。また、きょうは配当権利落ち日にあたり、株価を104円程度押し下げると試算されている。前日は駆け込みで配当取り狙いの買いが観測されたが、その反動もあり先物主導で下に振られやすい地合い。ただ、ここ最近は市場エネルギーが増勢で、下値には押し目買いニーズも表面化しそうだ。寄り付き時点で業種別には33業種ほぼ全面安。値下がりで目立つのは石油、空運、その他金融。卸売、証券など。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)