大同特鋼がしっかり、物質・材料研究機構と高性能磁石を開発

 大同特殊鋼<5471.T>は全体相場の地合いが悪化するなか、しっかり。物質・材料研究機構は26日に、大同特鋼と共同で、希少金属のジスプロシウムを一切使用しない高性能磁石を開発したと発表。
 今回開発した磁石は、ジスプロシウムを4%含む焼結磁石と同等の保磁力と同等以上の最大エネルギー積を持つネオジム磁石。近年、ハイブリッド自動車用モーターの用途でネオジム磁石の使用量が急増しており、代替磁石として実用化が期待される。

大同特鋼の株価は9時40分現在511円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)