冶金工が底堅い、ニッケル市況上昇基調で材料株素地再燃

 日本冶金工業<5480.T>が全体軟調相場のなか、材料株特有の強みを発揮して底堅い。ニッケル系ステンレス鋼を主力とするが、ニッケル精錬からの一貫体制が強みで、生産ラインを擁することでニッケル価格上昇時には業界内で優位性を持つ。ニッケルは主要輸出元であるインドネシアが1月から供給を停止、ウクライナ情勢の政治的対立を背景にロシアからの供給停滞思惑もあって市況上昇が続いている。

冶金工の株価は9時38分現在322円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)