アドウェイズが続伸、目先売り一巡からリバウンド局面に移行

 アドウェイズ<2489.T>が続伸、3月中旬から下げ足を強め、個人投資家の追い証発生を嫌った投げ売りなどが集中するかたちで、約2週間で株価は1800円台から1300円割れ水準まで急速に水準を切り下げていた。それまでは、今夏にもLINEの上場観測が強まるなかで同関連としての人気が株価を押し上げていたが、需給先行の上げだったこともあり、PERは100倍台を超えるなど割高感が強かった。目先は急激な調整を経てリバウンド狙いの買いが優勢となっている。
 
アドウェイズの株価は10時46分現在1474円(△77円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)