<動意株・27日>(前引け)=帝国電機、JIN、愛眼、ケイブ

 帝国電機製作所<6333.T>=堅調。全般軟調相場のなか材料株素地を発揮している。化学物質用のポンプ(無漏洩ポンプ)では世界での市場シェア4割弱という圧倒的な存在。ここウクライナを巡るロシアと米欧の政治的対立が天然ガスなどエネルギー供給面での不安につながっており、米国でのシェールガス革命が改めて注目を高めている。同社はシェールガスプラント関連にも高い受注実績を持っており、株価の評価につながっている。

 ジェイアイエヌ<3046.T>と愛眼<9854.T>=ともに反発。花粉症の飛散量が増加するなかでジェイアイエヌは「JINS 花粉Cut」、愛眼は「ガードグラス」で花粉対応メガネを展開していることから、販売増が期待されている。また、入学や入社など新生活の始まりによるパソコン対応メガネの需要増も予想される。

 ケイブ<3760.T>=4連騰。同社は26日に、スマートフォン向けゲームアプリ「ジャグラー×モンスター」をApp Store、Google Playにグランドオープンしたと発表。これまでのⅰOS版に加え、アンドロイド版向け配信が開始されたことが材料視されているようだ。
 
※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)