三井住友など大手銀行株が安い、配当狙いの大口買いなくなる

 三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>、みずほフィナンシャルグループ<8411.T>など大手銀行株が売られている。個人株主も多く、全体の地合い悪化に与える影響も大きい。銀行株は配当利回りが高く、みずほの配当利回りは3%を超えている。出来高流動性に富むことから前日の配当権利取り最終日に大口の駆け込み買いが入ったとみられ、その反動による下げ圧力も働いているもよう。

三井住友の株価は12時50分現在4135円(▼137円)
三菱UFJの株価は12時50分現在536円(▼7円)
みずほの株価は12時50分現在200円(▼3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)