MS&ADが軟調、2月の大雪による支払い保険金は750億円に達する見通し

 MS&ADインシュアランスグループホールディングス<8725.T>が軟調。全体相場は後場に入って地合いが改善しているが、同社株の戻りは鈍い。同社は26日に、2月に発生した大雪による保険金の支払い額が3月20日時点で690億円、最終的な支払い見込み額が750億円に達すると発表している。
 3月20日時点の受付ベースでは、三井住友海上が370億円(自動車保険30億円、火災保険など340億円)、あいおいニッセイ同和損保が320億円(自動車保険50億円、火災保険など270億円)となっている。

MS&ADの株価は14時31分現在2262円(▼38円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)