南アフリカ政策金利発表 ~ 利上げの可能性も

決定されればランド買いに
ドル円は、昨日の海外時間に102円台を割り込む動きになったのですが、今日の東京時間に日経平均が急反発したことで再び102円台前半の動きになっています。

FOMC後に102円台に上昇して以降この、ほとんどの時間この102円台前半の推移が続いていますので、ドル円にとっては居心地の良い水準なのでしょうが、どちらかと言うと上値が重い状況が続くのではないでしょうか。

さて今晩は、南アフリカ中銀の政策金利発表があります。欧米の中央銀行と違って、発表の時間が予め決まっていないのですが、前回は東京時間22時20分くらいに発表されています。

大方の予想は5.50%の現状維持ですが、一部で0.25%、さらにごく一部ですが0.50%の利上げを予想している向きがあります。

現状維持であれば一旦ランドが売られる可能性がありますが、買い戻されると予想できる一方で、もし利上げが決定されればランド買いになると考えられます。