年度末、月末要因で下値は限定的か

落としどおろを探る動き
昨夜のN.Yは下落。ドル円は102円台前半を推移しています。先物の寄り気配は14550円辺りです。気配どおりならば14500円、14630円が上下の当面の目処になりそうです。為替が大きく円高に振れなければ、下値は限定的と考えていますが、まずは200日移動平均線が近くにある14500円辺りで支えられるかどうか、年度末や週末要因での買いが大きくなれば、昨日の高値上はまだ窓が残されてる状況ですので、そこを払拭に・・・の動きも想定はしておきます。ただし、窓中にも一目雲下や25日移動平均線も集まっていますので、注意が必要でしょう。