nmsが急反発、パナソニックの電源事業譲受けで基本合意

 日本マニュファクチャリングサービス<2162.T>が急反発。同社は27日に、パナソニック<6752.T>の車載向けを除く電源および電源関連部品(高圧電源、低圧電源、マグネットロール、トランスなど)の開発、製造、販売に関する事業を譲り受けることで基本合意したと発表した。
 今回の譲渡は、電源および電源関連事業をキーテクノロジーとし、さらに競争力を高めることなどが主な目的。13年10月にはグループ会社のテーケィアールが日立メディアエレクトロニクスから電源事業やトランス事業を譲り受けており、相乗効果などが期待されているようだ。

nmsの株価は9時33分現在332円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)