資生堂が続落、シティ証券が投資判断を引き下げで

 資生堂<4911.T>が続落。この日は、シティグループ証券が投資判断を「買い」から「中立」とし、目標株価を2100円から2000円へ引き下げたことが観測されている。同証券によると、3月の仮需が想定を大きく超えるため、15年3月期は営業減益が見込まれることや、同社の株価は営業利益との相関が高く、15年3月期の減益は株価上昇に悪影響を及ぼす可能性があることなどが要因。ただし、中期的な成長力には依然として魅力があり、新年度に就任予定の魚谷新社長の打ち出す戦略に注目したいともしている。

資生堂の株価は11時30分現在1788円(▼35円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)