アルデプロ(8925)、上方には大きな壁が位置

基本的な相場の方向性は下向き
本日は買い先行のあと急速に伸び悩んでいる。3/20までの下落でいったん調整は終わったように見えるが、上方には大きな壁が位置している可能性が高い。その壁の影響によって、本日は伸び悩んだものと思われる。この壁はテクニカル壁とファンダメンタルズの壁の複合体と思われ、チャートはすでに天井をつけた公算が大きい。一時的なリバウンドがあるとは思われるが、基本的には下方向だろう。