キッコマンが5日続伸、14年3月期の経常益210億円超で会社計画上振れと報じられる

 キッコーマン<2801.T>が5日続伸。この日はきょう付の日本経済新聞で、14年3月期の連結経常利益がこれまでの予想の210億円(前期比12%増)をやや上回りそうだと報じられたことが材料視されている。記事によると、国内では新製品効果や消費増税前の駆け込み需要でしょうゆなどの調味料が堅調だったほか、主力の北米のほか欧州やアジアなど海外でもしょうゆの販売が伸びているという。また、海外売上比率が初めて国内を上回る見通しだとしており、海外事業を牽引役とする業績拡大継続への期待が高まっているようだ。

キッコマンの株価は12時38分現在1938円(△19円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)