<チャートの視点>=栗田工、一目均衡表の雲を上抜く

 栗田工業<6370.T>はきょう一時、前日比35円高の2230円まで上昇。一目均衡表で、先行スパン1(27日時点:2171円)と先行スパン2(同:2210円)で囲まれた範囲(雲)を上抜けた。1月20日に昨年来高値2347円をつけたあとは調整局面入りとなったが、2月6日安値2073円と3月17日安値2073円でW底を形成。その後、持ち直しに転じ、足もとでは5日移動平均線(27日時点:2142円)と25日移動平均線(同:2148円)のゴールデン・クロス(GC)が目前に迫っている。
 なお、14年3月期通期の連結業績見通しは、売上高が1760億円(前期比2.3%減)、経常利益が158億円(同28.3%減)と見込まれている。
 
栗田工の株価は13時36分現在2216円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)