ニューフレアが3日続伸、SMBC日興証券は新規「2」

 ニューフレアテクノロジー<6256.T>が3日続伸。SMBC日興証券では27日付で、投資判断「2」、目標株価9000円でカバーを開始。主力の電子ビーム描画装置は市場の成長が見込まれるものの、競争激化が業績を圧迫する可能性もあり、セクター内相対評価に基づく投資判断は「2」としたとしている。同証券では連結営業利益について、14年3月期168億円(前期比11.7%増、会社側計画は165億円)、15年3月期169億円、16年3月期177億円と予想。14年3月期は新製品販売効果から前期比で受注高50%増、売上高17%増を試算しているが、主に次世代描画装置の研究開発費によるコスト増で11.7%営業増益にとどまるとみているという。15年3月期も引き続き新製品販売比率が高まり、微増ながら増収を予想。半面、営業利益は競争力維持のための研究開発費増加で横ばいにとどまるとみている。また、16年3月期以降はマスク描画装置の競争環境変化には注視が必要ともコメントしている。

ニューフレアの株価は13時43分現在6750円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)