<動意株・28日>(大引け)=FUJIKO、山田債権、小僧寿しなど

 FUJIKOH<2405.T>=後場急騰。この日午後1時30分ごろ、孫会社の一戸森林資源が、岩手県から「平成25年度岩手県森林整備加速化・林業再生基金事業補助金」の交付決定通知を受領したと発表しており、これを好感した買いが入っている。木質バイオマス発電施設(岩手県・一戸町)に新設予定の森林資源の燃料化製造設備に対する木質バイオマスエネルギー導入促進支援として補助金額4億8500万円の交付を受けるというもので、交付時期は15年6月期になる見通しとしている。

 山田債権回収管理総合事務所<4351.T>=後場ストップ高。午後2時10分に、14年12月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の30億円から31億円(前期比2.3倍)へ、営業利益を同5億7900万円から8億2000万円(前期3億7400万円の赤字)へそれぞれ上方修正したことを好感した買いが集中している。主力のサービサー事業で、下期に見込んでいた大口再生案件の回収と売り上げ計上が第1四半期に実現でき、また、当初想定していた回収コストを削減できる可能性が高まったことが要因としている。

 小僧寿し<9973.T>=続急伸。きょう昼休み時間にシカゴピザ(大阪府茨木市)と業務提携すると発表した。嗜好が異なるブランドを取り扱う新業態店を出店することで、同商圏内で新しい客層と需要を掘り起こし、売り上げアップと固定費低減による利益率向上を図る。同社の持ち帰り寿し直営店舗でピザ、どんぶりなど、シカゴピザのプロデュース商品を販売する3業態複合テイクアウト店を多店舗展開、5月に先行実験店2店を出店する予定で、年内に20店舗以上の出店を目指す。

 ツガミ<6101.T>=大幅反発。この日は、シティグループ証券が27日付で投資判断を新規に「買い」とし、目標株価を710円としたことが観測されている。13年3月期は「iPhone」などスマートフォンの部品加工用に旋盤と専用機を大量納入して史上最高益を達成したが、14年3月期は同分野の失速で業績は踊り場を迎えていると判断。ただし、アップルの14年度設備投資計画が前年比6割増となっていることを踏まえれば、スマートフォン関連の設備投資は今後回復すると同証券では見込んでいる。

 リプロセル<4978.T>=大幅高。前日大引け後に米国子会社「リプロセル USA」の増資を引き受けることを発表した。「リプロセル USA」は米国東海岸地域を中心に販路の開拓と人的ネットワークの構築を行っている。今回の増資により、営業人員を増加、米国での製品保管・発送システムの整備を行い、現地での販売活動を加速させる予定。

 松屋<8237.T>=大幅続伸で、前日比45円高の849円まで上昇した。27日大引け後に当初無配としていた14年2月期の期末配当予想を2円50銭にすることを発表した。これは5期ぶりの復配となる。
 
※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)