東京株式・2部(大引け)=2部指数は3日ぶりの反発、価値開発、ケミプロ化成が買われる

 28日の東京株式2部市場は3日ぶりの反発。大引けの2部指数は、前日比28.10ポイント上昇の3532.35となった。値上がりは293、値下がりが133、変わらずが51銘柄。
 個別銘柄では、価値開発、ケミプロ化成、日本インタ、高砂鉄、コメ兵などが買われている。半面、電響社、日本コンピュータ、高田工業、森尾電機、ダイベアなどが売られている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)