ERIHDが14年5月期業績予想を下方修正、住宅関連の審査・検査のずれ込みなどで

 ERIホールディングス<6083.T>がこの日の取引終了後、14年5月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の133億3300万円から127億8300万円へ、営業利益を同14億5000万円から9億円へ、純利益を同4億2500万円から1億1400万円へそれぞれ下方修正した。同社は昨年12月に単独株式移転で設立したため前期比較はなし。
 労務費や資材の高騰、技術者の不足などから建築計画の遅延や中断が発生していることを受けて、案件の審査・検査が大幅にずれ込んでおり、特に戸建住宅関連業務の売り上げが伸び悩んでいることが要因としている。なお、同時に発表した第3四半期累計(6~2月)連結業績は、売上高94億6300万円、営業利益5億7500万円、純損益7700万円の赤字となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)