東洋BENGが4月4日付で東証1部銘柄に指定、ERPシステムなど展開

 東洋ビジネスエンジニアリング<4828.T>がこの日の取引終了後、東京証券取引所の承認を得て、4月4日付で東証2部から東証1部に指定されることになったと発表した。同社は東洋エンジニアリング<6330.T>子会社のシステム開発会社で、ERP(統合基幹業務)システムでは独SAPや米オラクル製品のほか、自社製の「MCフレーム」などを展開。14年3月期は売上高124億円(前期比8.8%増)、営業利益4億円(同10.8%増)を見込んでいる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)