イオンが高い、通信サービス込みの格安スマホ販売に進出

 イオン<8267.T>が続伸。同社は端末と通信サービスをセットにした格安のスマートフォンの販売に乗り出し、その第1弾として4月から端末代と定額ネット接続、通話基本料の合計で月2980円(税抜)のスマホを発売すると30日付の日本経済新聞が報じており、これがサプライズ材料となっている。同社は全国に直営売り場を擁する強みがあり、今後の利用者需要の取り込みが業績面で大きく寄与する可能性がある。株価は17日にマドを開けて売られたが、その後は底値圏でのもみ合いで売り物をこなしており、値ごろ感も背景に買いが入りやすいタイミングでもあった。

イオンの株価は9時2分現在1172円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)