空港施設が6日続伸、羽田国際線の大幅増便で

 空港施設<8864.T>が朝方から買いを集めてカイ気配スタート、6日続伸となっている。3月中旬以降の下げ局面で開けたマドを埋め、5日・25日移動平均線もゴールデンクロスを示現しており上値指向の強さが浮き彫りとなっている。羽田空港の国際線発着枠が30日、大幅に拡大されて航空各社が新設・増便路線の運航を開始。枠の拡大により、中国や韓国などの近距離路線に加え、欧州や東南アジアに向かう路線も昼間に発着するようになり、羽田の国際線は1日当たり従来比1.5倍の約80便となる。これによるビジネスチャンスの拡大が素直に好感されている。業績も会社側見通しの今14年3月期営業利益33億8000万円は増額の公算が大きく、来期についても増益基調堅持との見方が強い。

空港施設の株価は9時12分現在766円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)