武田薬が堅調、大日住薬との非定型抗精神病薬が欧州で販売許可

 武田薬品工業<4502.T>が堅調な動き。同社はこの日、午前8時30分に大日本住友製薬<4506.T>と共同で非定型抗精神病薬「ラツーダ」(ルラシドン塩酸塩)が21日(現地時間)付で、欧州委員会(EC)より、成人における1日1回経口投与の統合失調症治療剤として欧州での販売許可を取得したことを発表、これが注目されている。現在、欧州では統合失調症の患者が、約350万人いると言われている。統合失調症患者を対象としたいくつかの主要な試験では体重、脂質や血糖値への影響も限定的で有効な内容が示されており、欧州での普及が期待される。

武田薬の株価は9時37分現在4888円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)