ドル円、上抜け。

マーケットコンディション
先週末のドル円は、102.18円で始まると、東京時間は方向感がなく102円前半で推移した。欧州時間から欧州株やNYダウ平均の上昇とで、102.50円を突破すると米長期金利の上昇も味方に付け上昇、ストップロスなどを巻き込み102.98円の高値を付けた。その後も買い方優勢の中、102.86円でクローズをむかえた。
ドル円、上抜け。
先週末、多くのトレーダーは、3月このままかと思ったのではないか。その為、意外とマーケットが薄かったのかもしれない。今までも株価に連動する動きがあったが、下に連動する事が多く、上の動きには鈍かった。結果103円手前までの上昇で、日足の波形では、上抜け、週足の波形では3/3週の上昇を3/10週の下落で帳消しにした後、3/17・3/24の2週で下落幅を克服した上昇となっている。本日は、年度末の実需買い等も推測される。買い方針継続。
☆戦略
買い

ポイントレベル
105.44(1/2の高値)
105.00
104.91(1/16の高値)
104.00
103.73(3/7の高値)
103.64(105.44-100.73の61.8%戻し)
103.08(105.44-100.73の50.0%戻し)
103.98(3/28の高値)

102.77(101.19-103.74の61.8%戻し)
102.67(3/19の高値)
102.55(3/12の安値)
102.53(105.44-100.73の38.2%戻し)
102.47(101.19-103.74の38.2%戻し)
102.20(96.94-105.44の38.2%戻し)
102.17(101.19-103.74の38.2%戻し)
102.00
101.53(3/13の安値)
101.20(3/3の安値)
101.19(3/14の安値)
101.00
100.73(2/4の安値)
100.61(97.62-105.44の61.8%戻し)
100.00

注)本日の予想は3月31日9:40に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。