エレコムが4日続伸、神奈川に新物流拠点設け出荷能力3割増との報道を好感

 エレコム<6750.T>が4日続伸。きょう付の日経産業新聞で、スマートフォンやタブレット関連製品の出荷能力を約3割高めると報じられており、これを材料視する買いが入っている。記事によると、相模原市に物流センターを新設し、6月から本格稼働させるという。従来より高音質のイヤホンの製品数を増やすほか、メモリー復旧サービスのついたSDカードなどの売れ行きが好調なことに対応するとしており、東日本の取扱店への商品供給をスムーズにできるようにして、品切れを防ぐのが目的という。同社では新製品を単品ではなく、商品陳列を工夫しながら製品群として提案する方式を採用していることから、製品の品数が増える傾向にあり、出荷能力の強化が売れ行きにつながることから、今回の体制強化への関心が高い。

エレコムの株価は9時35分現在2156円(△39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)