新日鉄住金が3日続伸、原料炭価格16%安で合意と報じられる

 新日鉄住金<5401.T>が3日続伸。30日の日本経済新聞が「新日鉄住金など日本の鉄鋼大手と英アングロ・アメリカンなど資源大手は、4~6月期に調達する原料炭価格を1~3月期比で約16%安い1トン120ドルとすることで合意した」と報じたことが買い手掛かりになった。四半期ごとの交渉になった2010年度以降では最低で、リーマン・ショック後の09年度の129ドルも下回る水準。鉄鉱石価格も下落しており、鋼材の値下げ圧力が高まる可能性もあると伝えているが、原材料価格低下による採算改善効果を期待した買いが先行している。

新日鉄住金の株価は9時45分現在282円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)