イエレン議長の講演に注目=外為どっとコム総研 川畑琢也

イエレン議長の講演に注目
本日、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長の講演(22:55)が予定されている。
今月19日の会見で、「(量的緩和終了から利上げ開始前の相当な期間について)およそ6カ月を指す」などと発言した事を受けてドルが買われたのは記憶に新しい。この時の会見について、市場では「確信犯的」または「うっかり発言」との見方に分かれている。仮に19日の発言を補足する内容が出れば、相場を動かす材料となりそうだ。

また、本日は年度末であり、ロンドン8時(日本時間16時)や16時(同、24時)のフィキシングに向け、実需主導で相場が動く事もあり得るので注意したい。