大日本スクリンが反発、自己資本比率50%以上に高めると報じられる

 大日本スクリーン製造<7735.T>が反発。29日の日本経済新聞が「2017年3月期末の連結自己資本比率を50%以上に高める方針」と報じたことを受け買い先行でスタートした。13年12月末時点は35.8%だった。資材調達コストの抑制や新規事業の育成で利益を増やすとともに借入金を減らして財務の健全性を高めると伝えている。ただ、信用買い残が積み上がるなど、需給が重荷になっているようで、買い一巡後は上げ幅を縮めている。

大日本スクリンの株価は9時55分現在481円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)