三井金、住友鉱など買われ非鉄金属セクターが業種別騰落率で2位に

 三井金属<5706.T>や住友金属鉱山<5713.T>など非鉄株に強い動きが目立ち、前引け段階で非鉄金属セクターが東証1部の業種別騰落率の値上がり率で保険に次ぐ2位となっている。中国の景気減速懸念の強まりなどで、直近では調整色を強めていたが、中国の李克強首相が経済変化に対応し支援策を段階的に構ずる用意があることを表明したと伝わっており、経済対策への期待感の高まりから、中国関連色の強い非鉄株にも買いが入ったようだ。

三井金の株価は11時30分現在240円(△9円)
住友鉱の株価は11時30分現在1280円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)