ナブテスコがしっかり、10~12月期は8割の伸びで通期増額含み

 ナブテスコ<6268.T>がしっかり。株価は3月中旬に大きく調整を入れたが、時価は2300円台でもみ合い売り物をこなし底堅さが出てきた。精密減速機などが産業ロボット向けに高水準の伸びを示し、「特に13年10~12月期営業利益実績は前年同期比8割以上の伸長率」(大手証券)と絶好調。中国の鉄道車両向けに引き合い旺盛、米ボーイング社の増産意向を追い風とした航空機向けも好調で収益を牽引している。14年3月期は前期比23%増益の185億円を見込むが、増額含み。さらに、15年3月期は政策支援を背景とした再生可能エネルギーへの需要増加を背景に風力発電機用駆動装置などが利益を押し上げる見通しで、連続2ケタ増益が視野に入っている。

ナブテスコの株価は12時42分現在2381円(△21円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)