<チャートの視点>=日産自、一目均衡表の雲を上抜く

 日産自動車<7201.T>はきょう一時、前週末比20円高の920円まで上昇。一目均衡表で、先行スパン1(28日時点:903円)と先行スパン2(同:899円)で囲まれた範囲(雲)を上抜いてきた。これまで上値の重い展開が続いていたものの、前週末28日には5日移動平均線(28日時点:893円)と25日移動平均線(同:892円)のゴールデン・クロス(GC)が実現。週足でも、13週移動平均線と26週移動平均線のGCが視野に入ってきている。
 なお、14年3月期通期の連結業績見通しは、売上高10兆1900億円(前期比16.6%増)、営業利益4900億円(同11.7%増)が見込まれている。

日産自の株価は13時2分現在917円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)