JALが4日続伸、羽田空港の国際線発着枠増便で業績に好影響を期待

 JAL<9201.T>が4日続伸。30日から羽田空港の国際線発着枠が増便され、同社にもイギリス、フランス、中国、シンガポール、タイの5路線を1往復分ずつ割り当てられたが、これによる業績への影響度が想定的に大きいとの見方から買われている。また、前週末にはスモールミーティングが開催されたもようで、これを受けて野村証券が、投資判断を「ニュートラル」から「バイ」とし、目標株価を5300円から6000円に引き上げたことが観測されている。

JALの株価は13時24分現在5020円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)