夢真HDが後場切り返す、2週間ぶりの900円台回復

 夢真ホールディングス<2362.T>が後場切り返し、一時3月14日以来2週間ぶりに900円台に買われた。復興需要や国土強靭化、東京五輪に向けての首都圏インフラなどの政策テーマを背景に建設需要が旺盛だが、一方でアキレス腱となっているのが人材。建築現場では深刻な人手不足が顕在化している。そのなか現場への人材派遣を手掛ける同社株への見直し余地が高まっている。13年10~12月期は建築技術者の採用増に伴う費用が膨らんだが、売上高ベースでは順風環境を満喫、2月の月次売上高は9億8300万円と4カ月連続で前年同月比4割超の増収を記録しており、今後も高水準の需要を取り込んでいくことが想定される。

夢真HDの株価は14時6分現在901円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)