【売り】オンコセラピー・サイエンス (4564) 悪材料が出る中では買いが入りにくいか = フェアトレード 西村 剛

悪材料が出る中では買いが入りにくいか
■注目銘柄
オンコセラピー・サイエンス (4564)

■注目理由
同社は、がん治療薬開発のバイオベンチャーです。3月28日に創業メンバーで大株主の中村祐輔教授とのアドバイザー契約が終了すると発表されました。発表を受けて、31日の同社株価は前日比6.1%安の167円まで下落しました。すい臓がんワクチン3相試験が中止になったことや、他のラインでも期ずれを起こすなど、悪材料が続く中で、今回の発表によって、さらに警戒感が強まる可能性が高いでしょう。先行きが不透明な中では、積極的な買いは入りにくく、軟調に推移する可能性があると判断しました。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:90%
平均損益(率):9.69%
平均利益(率):12.19%
平均損失(率):-12.79%
--------------------------------------