【売り】ドトール・日レスホールディングス (3087) 権利確定後は売られやすい傾向 = フェアトレード 西村 剛

権利確定後は売られやすい傾向
■注目銘柄
ドトール・日レスホールディングス (3087)

■注目理由
同社は、外食大手企業です。ドトールと日レスが経営統合し、珈琲店やパスタ店を展開しています。同社は2月決算企業であり、配当・優待権利確定後は売られやすい傾向があります。過去のデータでは、4月売り勝率は、83.3%となっており、例年4月相場は軟調に推移する傾向が確認できます。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:83.33%
平均損益(率):4.83%
平均利益(率):7.17%
平均損失(率):-6.87%
--------------------------------------