ドル円、後半、上値追い優勢か(1日展望)

ドル円、後半、上値追い優勢か(1日展望)
◆◆◆◆◆◆ 徹底したテクニカル分析見通し◆◆◆◆◆◆

◇今日のレジスタンス/サポート & ポイント解説◇ドル円
第3レジスタンス:103.75-80円(3/7高値圏&ピボットS2)
第2レジスタンス:103.50-55円(ピボットS1など)
第1レジスタンス:103.40-45円(前日高値圏&3/11高値圏)
  NY引け値:103.22円(+0.41円)  
第1サポート:103.05-10円(先行スパン&60分足20本基準線)
第2サポート:103.00-05円(1σ上限&75日移動平均線)
第3サポート:102.85-90円(ピボットB1&24時安値圏)

3日続伸。想定通り上値攻防を迎え、一目均衡表では先行スパン雲から
浮上、今日にも三役好転となりそうで買いエネルギーが台頭している。
また、三段抜き新値足が103.25円超えで買い転換するもので、大方の
トレンド系テクニカルが買い点灯する。先行期待が強まりそうだ。
ちなみに、ADXラインに勢いが出ていない事から、若い相場地合いが
感じられており、一段の上値の期待に繋げている。
月足の陽線切り返しを示現しており、大勢波動の買い気も期待される。
引き続き、押し目買いトレードで臨みたいところだろう。

本日のポイント:三役好転となるか注目したい。やや上ヒゲの目立つ
 引け足で終わっているだけに、上値を伸ばせるか意識が集まろう。
 東京マーケットはダレ易い見通し、切り返しのタイミングに注目か。
中心予想レンジ:103.00円-103.60円
 本日展望*後半、上値追い優勢か
 (AM7:35執筆)

注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に
変動している場合があります。