外為:1ドル103円20銭前後の円安、3月日銀短観は予想下回る

 1日の東京外国為替市場で円相場は、午前9時時点で1ドル=103円20~21銭と前日午後5時時点に比べ23銭の円安・ドル高。日銀が1日発表した3月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断指数(DI)がプラス17だった。市場予想のプラス19を下回った。これを受け円は一時103円25銭へ売られる場面があったが、反応は限定的だった。
 対ユーロでは1ユーロ=142円17~21銭と同51銭の円安・ユーロ高で推移している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)