サイバネットが5日続伸、ARアプリ開発後押しするツール開発と報じられる

 サイバネットシステム<4312.T>が5日続伸。きょう付の日経産業新聞で、AR(拡張現実)アプリの開発基盤「CYBERねっこ」を開発したと報じられたことが材料視されている。記事によると、AR機能を搭載したスマートフォン用アプリを開発する際に使うというもので、同基盤上でアプリを開発すると、サイバネットのARコンテンツ制作ソフト「metaio Creator(メタイオ クリエーター)」で作成したコンテンツを既存アプリに自由に追加できるようになるという。既に玉川大学などを運営する学校法人の玉川学園(東京都町田市)が4月1日に公開するスマートフォン向けの学校紹介アプリ「TAMAGAWA」制作に採用されたとしており、他大学や企業への展開への期待が高まっている。

サイバネットの株価は9時34分現在364円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)