商船三井が4日続伸、LNG輸送船集中投資報道を好感

 商船三井<9104.T>が4日続伸。1日の日本経済新聞が「国内海運大手は強みとする液化天然ガス(LNG)輸送船や海洋開発に集中投資する」と報じたことが好感されている。商船三井は今後6年間に約5200億円を投じてLNG輸送船を54隻増強、日本郵船<9101.T>も今後5年間で33隻超を増やす。荷主企業との契約が10~15年超と長期にわたり、安定収益を稼げる分野として事業拡大を急ぐと伝えている。ただ、商船三井が買われる一方、郵船は当面の利益確定売りに上値を抑えられている。

商船三井の株価は9時33分現在408円(△6円)
郵船の株価は9時33分現在300円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)