日梱運は3日ぶりに反落、SMBC日興証は投資判断「2」でカバレッジ開始

 日本梱包運輸倉庫<9072.T>が3日ぶりに反落。SMBC日興証券は、31日付リポートで投資判断「2」、目標株価1850円で新規カバレッジを開始した。
 リポートでは「同社の中長期的な事業成長ドライバーとして海外業務の拡大に注目したい。同社の主要荷主であるホンダは今後、東南アジア、南米や中国などにおいてグローバル販売台数の増加を図るもよう。14年3月期に、メキシコ事業所を開設。今後もホンダの海外進出の過程で新規業務獲得を行い、中期的な業績寄与に繋げる」としている。

日梱運の株価は10時22分現在1776円(▼43円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)