鳥居薬が続落、スギ花粉症対象の減感作療法薬の薬価収載延期を嫌気

 鳥居薬品<4551.T>が続落。同社は3月31は日、大引け後にスギ花粉症を対象とした減感作療法(アレルゲン免疫療法)薬「シダトレン スギ花粉舌下液」の5月までの薬価収載を見送ることを発表、これを嫌気している。シダトレンは国内で初めて承認された、舌下に投与する減感作療法薬で、従来から施行されてきた皮下注射による減感作療法と比べ自宅での服薬が可能で、注射による痛みもなく治療ができることなどが特徴。今年1月17日に「スギ花粉症(減感作療法)」の効能・効果で製造販売承認を取得し、4月または5月の薬価収載に向けて対応していた。同社では、10月以降の発売に向けて努力を続けていく方針を示している。

鳥居薬品の株価は10時44分現在3295円(▼55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)