ラクーンが3日続伸、宅建ブレインズとの業務提携を好感

 ラクーン<3031.T>が3日続伸。同社は3月31日大引け後、傘下のトラスト&グロースを通じて宅建ブレインズ(東京都千代田区)と業務提携を行うことを発表した。宅建ブレインズは、東京都不動産協同組合の100%出資子会社で13年12月から個人の居住用家賃保証サービス「宅建ハトさん保証」の運営を開始している。
 今回の業務提携で「宅建ハトさん保証」の新商品「事業用家賃保証サービス」の保証業務を4月中旬から開始する。トラスト&グロースは、これまで企業の販売先に対する売掛債権を保証し、万が一支払不能になった場合にあらかじめ設定した保証金額を支払うサービス「T&G売掛保証」を提供しており、このノウハウを「事業用家賃保証サービス」で活用していく方針。事業用家賃保証サービスは、個人の居住用家賃保証と違い、事業主の与信判断が難しいなどの要因から参入障壁が高いといわれてきただけに今回の同社の取り組みは注目を集めそうだ。

ラクーンの株価は11時30分現在544円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)